大仙市大曲・美郷町のもみほぐし整体 市の助整体院|肩こり・腰痛に

アメリカ人ドクターの、クレイジーなうつ病治療法

a1180_013360

先日、うつ病の記事を書いていて思い出しました。4~5年ほど前、クレイジー?なアメリカ人ドクターの、うつ病患者に行う治療法を見てきました。これはあまりにもクレイジーすぎて、一歩間違えば犯罪レベルに達する治療法です。

 

ドクターは言いました。

「うつは、Windowsと同じだよ。もしうつになるプログラムが起動するのなら、それを起動しないようにすればいいんだよ。」

 

治療の3つの例を、ご紹介します。

 

クレイジー治療法1:針を使う

うつ病と診断されて1年。営業でノルマが達成できない、上司と部下のコミュニケーションがうまくいっていない、なんとなく「はぁ~・・・」と、下を向いてしまう。すべてのことになんとなくやる気が出ない。

 

患者さん:「・・・なんですよ」

ドクター:「わかりました。」

ドクター:「まずは、うつになるプログラムが起動しないようにしましょう。」

患者さん:「はあ。」

ドクター:「アゴの下に針を10本くらい設置しますね。」

患者さん:「えっ・・・」

器具で実際に設置

ドクター:「さあ、下を向いてうつになってください!」

患者さん:「無理です!痛いじゃないですか!」

 

話を聞いて、数分後のことでした。いきなりこんなことをするのか?

頭を下げたら、針に刺さります。刺さったら痛いに決まっています。

 

ドクター:「これをうつがなくなるまでやってください。」

患者さん:「無理です!もう下を向きませんので勘弁してください!」

ドクター:「帰ったら頭を下げるでしょう?やはり、そのままですね。」

患者さん:「わかりました、帰っても頭を下げません!」

ドクター:「頭が下がったら針が見えるよう、靴に針のシールを貼りましょう。」

患者さん:「みっともないのでやめてください!」

 

そんなやり取りを見ていて5分後・・・

 

ドクター:「まずうつの起動プログラムその1、下を向くを削除しました。」

ドクター:「その2、会社を辞めたいと言いましたね。」

ドクター:「私が今すぐ会社に電話してあげましょう。電話番号を教えてください。」

患者さん:「待ってください!」

ドクター:「君のうつは治るんですよ?ノルマと上司、部下から解放されましょう。」

患者さん:「いやいや、、、それは、なんたらかんたら、、、、」

ドクター:「ジャパニーズは真面目ですねえ。」

 

うつって、そんな単純に治るのか?と、私は思いました。

でも、案外、そんなものかもしれません。

 

クレイジー治療法2:ひきこもり型のうつ病

うつ歴4年。親御さんからの相談。息子が大学を落ちて、それから自宅の部屋から引きこもってしまった。もう4年で、トイレと部屋の往復。フロはほとんど入らず、部屋は悪臭。毎日、ドアの前にご飯を置いている状況。なんとかしたいんだけど・・・。

 

ドクター:「お母さん、迫真の演技で、殺される役をやってください。」

ドクター:「私のパートナーが、ガスマスクをつけて、強盗しますから。」

ドクター:「パートナーは息子さんにナイフ(偽物)を向け、思い切り威嚇します。」

ドクター:「その後、お母さんは悲鳴を上げて、血袋をばらまいてください。」

お母さん:「はぁ・・・・」

お父さん:「・・・」口をあけてポカーン

 

これは賭けでした。

緊急時、引きこもりの息子が、どういった行動をするのか?

 

現場は私は目撃しておりませんが、結果、息子は親を守るために勇気をふりしぼって、

泣きながらほうきやバケツなどを投げて、母親を守ったそうです。

その後、母を守るために、自宅警備員になったそうです。

 

ん?自宅警備員?何も変わってないじゃないか!と言いたいところですが、

部屋から出てくるようになったみたいです。

「母さん、次は大丈夫だから。」とのこと。

 

筋トレもはじめたみたいで、変化はあったようでした。

4年間引きこもりですからね、まあ変化があっただけ、次につながりそうでした。

 

クレイジー治療法3:ひきこもり型のうつ病2

親御さんからの相談。うつ歴半年。引きこもりで、家から出ていない。エリートとして、有名大学に合格したが、その後、ついていけなくなって、中退。自宅にこもってしまった。コミュニケーションはできるけど、仕事をする気力がないみたい。外出もしてない。なんとなく生きている。次につながる行動をしない。

 

ドクター:「よし、風〇嬢に行ってもらおう。」

お母さん:「えっ!?」

ドクター:「お母さん、多少お金はかかりますが大丈夫ですか?」

お母さん:「はぁ・・・まぁ・・・」

ドクター:「お母さんは、買い物をすると言って外出しててください。」

ドクター:「そこへ、風〇嬢が、突然、お邪魔する設定でいきましょう。」

ドクター:「今の行動パターンだからダメなのです。強烈な刺激がないと。」

ドクター:「今の彼には、非日常的な行動パターンが必要なわけです。それも強烈な。」

お母さん:「はぁ・・・・」

 

詳細はご想像にお任せします。

その後、うきうきしていることが多くなったそうでした。

 

これはうつ病患者さんの一例です。

ほかにも、精神異常者の患者さんに対して行ってきたクレイジー治療法なども含め、

このドクターからはいろんな事例を聞くことができました。

 

ただ、実行に移すとなると、合意があったとしても、犯罪スレスレです。

でも、本気で変わる可能性があるのなら、やってみてもいいんじゃないかとも思います。

 

私はクレイジーな治療法はやりません。

やってほしいと言われたらご相談には乗りますが(笑)

 

先日の記事 うつ病の整体~おなかの奥が冷えるあなたに~

a1180_013360

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る