秋田県の自殺予防対策

秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(1)

私は、秋田県の自殺予防対策を、食事の観点から考えてみようと思ったきっかけがありました。それは、【脳はバカ 腸はかしこい】という、藤田紘一郎先生の本を読んでいる中に書かれてある、「うんこの大きさと自殺率は反比例していることがわかった」という文章を見て、ふと疑問に思ったのです。

うんこの大きさが世界一のメキシコ人の自殺率が低く、うんこが小さい日本人の自殺率が高い。

と、【脳はバカ 腸はかしこい】の、151ページに書かれていました。

 

藤田先生は、うんこ集めのために訪れた国は、70か所以上、集めたうんこの数は10万個を超えているそうです。(スゴイ!)その中で、特にメキシコ人のうんこは巨大で、約700~800gだそうです。

 

うんこが大きい理由ですが、メキシコは世界で1番食物繊維をとっている国で、食物繊維は腸内細菌が繁殖するために大切なものです。ですから、食物繊維を取ると、腸内細菌が増えて、うんこが大きくなるというわけです。

 

日本の中でも、秋田県は、不名誉ながらも、自殺率が全国1位となっています。

うんこの大きさと、自殺率が反比例しているなら、

「秋田県人のうんこの大きさは、日本で一番小さいのか??」

「秋田県には、米と野菜があるのに、食物繊維をとっていないのか??」

という疑問がわきました。

 

いやいや、さすがにそんなことはないだろう?

でも待てよ?前に、県民ショーで横手か湯沢の特集で、飯に砂糖をたっぷり入れてた何かがあったな・・・。砂糖は、冷えにつながる食べ物だから、食物繊維とは逆に腸内細菌を減らすよな・・・。腸が冷えれば便秘になりやすいので、うんこが小さくなるだろう。

 

だったら、、、秋田県民の食生活に関係があるのか??

と思い、秋田県の自殺予防対策を、食生活から考えてみようかなと思いました。

 

 

まあ、私が思ったこと、気づいたことを、ちょこちょこと書いていこうかなと思います。

この記事が、誰かのお役にたつことができれば幸いです。

関連記事

  1. 秋田県の自殺予防対策

    保護中: 秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(4)-地域編-

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. 秋田県の自殺予防対策

    保護中: 秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(3)-食事編1-

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 秋田県の自殺予防対策

    秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(2)

    秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(1)で、うんこの大きさと、自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 美郷町

    美郷町の観光・見所(6) せせらぎ公園
  2. 日常

    本格始動
  3. 秋田県の自殺予防対策

    保護中: 秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(4)-地域編-
  4. 日常

    仙台へ出張
  5. 整体

    慢性疲労症候群
PAGE TOP