整体

寝相がいい人と、背中の痛み・腰痛

寝相がいい場合、寝すぎると背中が痛くなったり、腰痛を感じる方が多いようです。寝相がいい方は、8時間同じ姿勢で寝ています。寝返りをせず、ずーっと上を向いて寝たら・・・。背中と腰に血液が流れづらくなります。寝相がいい方は、寝る前に足つぼをおすすめします。足つぼの板は100均で売っています。寝る前の歯磨きをする時間に踏んでもらえれば、全身に血が流れやすくなりますので、朝起きたときに「痛い・・・」という痛みは、ある程度は予防できます。

img56509208

寝相が悪い人は、頻繁に体を動かしているので、血液が全身まんべんなく流れるので、朝起きて極端に痛い部分は、寝相がいい人よりはないのです。

関連記事

  1. 整体

    私の整体の先生である、宮本先生の腰痛整体DVDが出ました

    私の整体の先生である、宮本先生の腰痛整体DVDが出ました。「宮本流 腰…

  2. 整体

    ナイキ・アシックスの靴と、足のしびれの関係

    ナイキとアシックスの靴、どちらを履いてもいいと思っていますが、貴方の足…

  3. 整体

    たかはし整体 整体の部屋

    この写真は、整体をしている部屋になります。最近はこの部屋で整体を行って…

  4. 整体

    筋肉が硬くなる原因その2~ベッドで寝ているあなたへ~

    前回、筋肉が硬くなる原因その1~小学生・中学生のお子さんを持つあなたへ…

  5. 整体

    安全靴・作業靴と、肩こり・腰痛の関係性

    安全靴・作業靴が、肩こり・腰痛・坐骨神経痛と足のしびれに繋がり、来院さ…

  6. 整体

    早食い、太りやすさ「4.4倍」 岡山大が学生追跡調査

    朝日新聞  2014年9月30日(火) 配信早食い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 農業

    農業の作業中・・・・
  2. 農業

    稲刈りが終わりました
  3. 日常

    2015年 今年もどうぞよろしくお願いいたします
  4. 秋田県の自殺予防対策

    秋田県の自殺予防対策を、食生活から考える(2)
  5. 日常

    大森リゾート村の芝桜フェスタに行ってきました
PAGE TOP